専業主婦カードローンは住宅ローンに影響するか

住宅ローンの審査に通る?カードローンの利用暦

カードローンを利用しているというだけで、住宅ローン審査に不利になるわけではありません。
ただ本人の年収に対する返済比率が高くなってしまうと、ローン審査に通る可能性が低くなる場合があるということを頭に入れておきましょう。

 

また気をつけなければならないのがカードローンやクレジットカードのキャッシング枠で設定されている利用限度額です。
返済比率を計算する上でカードローンをはじめとする利用限度額は、実際に借り入れしていない分まで全て借入額としてカウントされてしまいます。
特に複数のカードローンを所有している場合は、多額の借金を抱えているのと同じ扱いになるのです。

 

例えば限度額が30万円と50万円のカードローンを2枚持っていて現在10万円の借入残高があるとします。
実際には10万円しかキャッシングしていないのにもかかわらず80万円の融資を受けていると見なされるので、当然返済比率も大幅に上がってしまいます。
これにより住宅ローンの審査に通りにくくなる可能性が出てきてしまうのです。

 

こういった状況を避けるためには、まず利用していない全てのカードローンに関して解約手続きを行うことをおすすめします。
不要なカードローンやクレジットカードを無くして返済比率を下げることで、住宅ローンの審査通過の可能性がアップします。
解約のデータが個人信用情報に反映されるまでには一定期間を要します。

 

住宅ローンの審査で信用情報を照会する際に解約済みのカード契約がそのまま残っていることのないよう、できるだけ早めに手続きを行っておくと安心です。
さらに住宅ローンの審査通過率をアップさせるには、現在残っている借入金を完済しておくことが望ましいです。
借りたお金をきちんと返済したという履歴は、かえって申込者の信用度を増す一因となることもあり得ます。
日頃から延滞などに注意しながら適切な借入と返済を行うことが、カードローンを利用する上で最も重要なポイントとなります。